日本ミャンマー未来会議

団体概要

正式名称
一般社団法人 日本ミャンマー未来会議
所在地
日本ミャンマー未来会議事務局(エムスタイルジャパン内)
810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-14-45
Qiz TENJIN 7F
連絡先
TEL 092-406-4579
FAX 092-406-4565
E-MAIL
[email protected]
WEB
https://teamimoto.jp/
設立
2018年6月1日
目的
一般社団法人 日本ミャンマー未来会議は、長きにわたり我が国と友好関係におけるミャンマー連邦共和国との関係を、未来において一層発展的なものとすべく、民間ベースで幅広く協議し、両国政府の協力を得ながら、各種調査、研究、ビジネス事業などを行うことを目的として設立する。
役員
代表1名/理事7名

役員紹介

代表

井本 勝幸

出身地
福岡市
生年月日
1964年

福岡市生まれ、太宰府育ち。福岡県立筑紫丘高校、東京農業大学、立正大学卒業。2011年1月より、単独で反政府ビルマ少数民族地域へ。

ミャンマー内戦停戦に貢献し、現在は、現地の協力を得て旧日本軍兵士のご遺骨調査活動も行なっている。UNFC(統一民族連邦評議会)コンサルタント。GMSAEDC(メコン川流域圏農業教育開発センター)代表。タイ・日教育開発財団(タイ政府認可財団)最高顧問。NPO法人グレーターメコンセンター(日本政府外務省支援)副理事長。多くの人権賞、外務大臣表彰を受けている。

専務理事

有本 香

出身地
奈良市
生年月日
1962年

ジャーナリスト。西伊豆育ち。東京外国語大学卒業。雑誌編集長等を経て独立。

編集制作会社を経営する傍ら、国内外の政治、世界の民族問題などを取材し、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネット等、多種メディアで発信を続けている。寄稿、著書多数。

専務理事

藤本 隆二

出身地
福岡県
生年月日
1964年

日新館高等学校卒業。学生時代から日本拳法に打ち込み、現在も現役で試合に出場する。

株式会社修成工業 代表取締役、株式会社ラムロック会長。建設業や福祉施設を経営する傍ら、認知症による事故を未然に防ぎたいとの思いから画像認識技術を用い「みまもりCUBE」の開発を手掛け、現在ではdocomoと業務提携し認知症介護のより良い未来の為普及に努めている。

常務理事

稲冨 幹也

出身地
新潟生まれ、福岡育ち
生年月日
1974年

福岡県立田川工業高等学校電気科卒業。1993年、有限会社太幹産業設立。

2006年、有限会社太幹産業から株式会社タイカンへ社名変更し、代表取締役に就任。2010年にエムスタイルジャパン株式会社を設立、代表取締役就任。天然アナツバメの巣のみを扱う世界ブランド「美巣」を設立し、世界中を飛び回っている。

理事

北川 尚史

出身地
札幌生まれ
生年月日

自身の経験を元に整骨院を開院。

現在札幌東京に12店舗を構え、自身もプロのアスリートを施術、帯同を行う。1000人の臨床データを経てアフロスシリーズを開発。ネットで高評価を保持する人気商品となった。 アドバイザー契約を結んだ石川遼選手と一緒に太陽とこどもプロジェクトを発足。地元札幌だけではなく日本中のこども達を笑顔にできるよう、活動している。

理事

細木 祐孝

出身地
島根県生まれ
生年月日
1974年

明治大学卒業。2016年4月HighGrowth株式会社を設立。

High Growth株式会社代表取締役としてベンチャー企業の経営支援全般を行う。具体的にはIPO支援/営業支援/組織活性支援/教育指導など。また株式会社喜ばせ屋代表取締役として法人企業の総会/周年祭などのイベントプロデュース業なども手掛ける。

理事

高山 功次

理事

新開 市郎

理事

野﨑 人孝