日本ミャンマー未来会議

支援者様からのメッセージ

応援メッセージをいただき誠にありがとうございます。掲載させていただいたメッセージの他にも、たくさんのメッセージをいただきました。

全てをご紹介できず申し訳ありません。皆様の想いを胸に刻み、スタッフ一同これからも活動して参ります。本当にありがとうございました。

Y・M様

井本さんの高校時代の同級生です。活動を陰ながら応援しています。しかし、友人のひとりとしては、身の安全を心配しております。なにとぞ、危険の回避にも努めていただくようにお伝えください。

A・Y様

今日の虎ノ門ニュースを見て、日本政府の態度に怒りを感じました。自分が日本政府と同じように、何もしない無責任な人間であることは許せないので、少額で申し訳ないのですができることをやろうと思い寄付いたします。

M・K様

心から尊敬の念を込めてお送りいたします。 関係者すべての方々へ ありがとうございます。

M・A様

有本香チャンネルでご活動を知りました。英霊のご帰還にご尽力いただき感謝いたします。ミャンマーの内戦の中、身の安全をお祈りしております。井本さんは本当にかっこいい!です!

K・K様

有本香channelの登録者です。毎回勉強になってますが、お恥ずかしながら今回は知らない事ばかりでした。ご立派なご活動と地元議員の不甲斐なさに感情が波だっております。同じ日本人として大変有難く思いました。ミャンマーさんのご幸運を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。

M・N様

今こうして我々日本人が日本の地で平和に暮らせるのは戦塵に散った英霊のお陰です。 その遺骨を捜し出し収集して下さっている井本さん、ミャンマーの少数民族の方々には頭が下がります。ありがとうございます。

D・K様

昨年度の8月頃にタイ・バンコクのPersonnel Consultantでの井本さんの講演会を拝聴し、ご活動内容に感銘を受けました。あれから時間が経ってしまいましたが、本当にわずかではありますが、応援させていただきます。

E・Y様

先日井本さんからお話をお聞かせいただき、大変感銘を受けました。いろいろと考えた上で、一括ではなく毎月の継続支援とさせていただきました。ほんの微力なのですが、継続することで日々の暮らしの中でミャンマーに眠る英霊の存在を身近に感じ忘れないように過ごそうという思いからです。近い将来ミャンマーに行ける日が来たら、ぜひ訪れたいと思います。今後も井本さんの存在を一人でも多くの方に伝えたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

I・K様

コロナと紛争という未曾有の困難の中、活動を続けて下さりありがとうございます。コロナ禍とはいえ、安全で快適な環境に在りながら育児に汲々としている己を省み、勇気を頂きました。少額ではありますが、英霊の皆様、避難民の皆様の為にお役立て頂ければと存じます。

まる様

井本様、現地で日本人の御先祖様方の遺骨の発掘にご協力を頂いている部族の方々様、地道で大変な活動を続けて下さり、誠にありがとうございます。 現在のミャンマーの詳しい状況を知って、心を痛めております。 現地の方々が早く心安らかに過ごせる日が来る事を願っております。 少しでも助けになりましたらと思い、寄付をさせて頂きます。 これからもお身体に気を付けられて、ご活動下さい。

ビルきち様

皆様、何卒ご無事でありますように

Y・K様

2重3重に困難が重なる中、一国民として感謝申し上げます。

Y・H様

勝本さんのことは数年前に虎ノ門ニュースに出演されたときに知りました。まだミャンマーに取り残されたご遺骨があるなんて、知りませんでした。勝本さんのような方たちが頑張ってくれているということは、日本人としていつまでも胸に刻んでおきたいです。これからも応援しています。

P・F様

コロナ禍の中、大変だと思いますが、頑張ってください。 又、虎ノ門ニュース出演、待ってます!

Y・T様

井本さん、なかなか毎月支援できず申し訳ありません。今井本さんがしてくださっている事に一人の日本人として心より感謝しております。わたしの心は皆さんとともにあります。

Y・G様

日本国を守り抜いてくださいました日本軍兵士の安堵の地、故郷へ魂が戻られますよう、現地で奮闘された居りますスタッフの皆様、くれぐれも御身体、心身共にご自愛ください。

O・N様

おひとりでも多くの英霊がご帰国できますように。

Y・T様

未来世紀ジパングを観てからずっと応援しております。本当にありがとうございます。 私の思いもミャンマーに届くことを願っております。 微力ではありますが、このプロジェクトのお役に少しでも立てたらと思っております。

R・S様

今は寄付でしか応援できませんが、微力ながら違う形でもお手伝い出来るよう色々考えて頑張りたいと思っています。

K・N様

日本ミャンマー未来会議の皆様、こんにちわ。 虎ノ門ニュースにてこの組織の存在を知り、わずかであっても協力できればという想いで寄付金を送らせていただきたく存じます。 これからも日本、ミャンマーの両国そして故国を守るべくして散っていった英霊の方々のために頑張ってください。 ありがとうございました。

M・F様

虎ノ門ニュースで有本さんが「強力ありもと」で井本さんの活動を紹介して下さり知る事が出来ました。 微力ながら継続応援させて頂きます。

Y・N様

私の祖父も満州で戦死して、墓には骨はありません。 ミャンマーの遺骨収集も私にとっては他人事ではありませんので、遅くなりましたが少量ながら協力させて頂きます。 なお、以前に大阪市大正区、金光教泉尾教会で開催された井本さんの講演会を拝聴したことがあります。井本さんのトークが進むに連れての有本さんの”良いもん見つけたって感”が凄く楽しかったです。

Y・T様

一人の日本人として、また、子を持つ親として貴団体に感謝申し上げます。 微力ながら、支援させて頂きます。

I・S様

アジア開放の為に戦われた日本兵の、早期帰国を実現して頂きたい。

I・S様

テレビのニュース番組で、ミャンマー未来会議を知りました。私の祖父もビルマへ行きました。帰還したものの、戦友が死んでしまったのに自分が生きていることを悔やんでいたそうです。人前では泣かない人だったのですが、生前は毎晩1人で亡くなった戦友達の写真を見て泣きながら大量の飲酒をし、それが原因で膵炎になりドクターストップを受けるも、早く戦友(亡くなった)に会いたいと言い、お酒をやめず自ら死ぬ道を選びました。 祖父は死ぬ前にビルマに行きたいと言っていましたが、果たすことなく亡くなりました。私の父は、その祖父の願いを叶えてあげることができなかったと後悔し、父は私にミャンマーに祖父の慰霊を持って行ってあげてくれ。と私に託しました。まだ、果たせていませんが、ミャンマー未来会議に寄付という形でも関わることで、祖父が喜んでくれるのではないかと思い寄付することを決めました。 運動神経に長けていた祖父は戦地にて上司の命令に反し、自分の足に銃弾を受けているにも関わらず、両脇に負傷した戦友を抱え、銃弾を避けながら、何人もの戦友を救ったそうです。帰還後しばらくたったある日、出版社の人が祖父の元を訪れ、祖父に「戦地での、あなたのことを本にさせて下さい。」と言ってきたそうです。しかし、祖父は自分は人様に自慢するために人を助けたわけじゃない。お引き取りください。と言いそれでもなお引き下がらない出版社に対し、帰れ!と怒鳴ったそうです。祖父は生前戦争体験について、何も語らなかったそうですが、祖父が助けたことで生きて帰還できた戦友達が話を広めて、それを聞いた出版社が来たようです。 私は戦地で祖父が行ってきた事を、詳しく知りません。私は祖父の事をもっと知るためにもミャンマー未来会議に積極的に関わって行きたいと思います。