日本ミャンマー未来会議

支援について

事業による支援について

ミャンマー少数民族地域において、井本勝幸を中心とした東南アジアに広がる絶大なネットワークを以てビジネスのスキームを作り、事業を展開させるビジネスパートナーを募集しています。このビジネスで得た利益の一部は遺骨調査費に充てていただきます。環境ビジネス、エネルギー事業、飲食事業、貿易事業、不動産など、志を一つにした同士を結合してイノベーションの創出を図ります。

  • 環境ビジネス
  • エネルギー事業
  • 飲食事業
  • 貿易事業
  • 不動産
  • IT
  • スポーツ
  • 人材派遣
  • 中古車販売

マラリア対策「ZERO-MOZ」お取り扱い企業の募集

世界100の国や地域で流行し、毎年新たに2億人以上が感染し、65万人以上が死亡していると報告されているマラリアは、結核やエイズに続き世界三大感染症の一つに数えられています。

マラリアは、人から人へうつることはありません。寄生虫の一種マラリア原虫を持つ蚊(ハマダラカ)に刺されることで感染します。

マラリア対策として開発されたのが「ZERO-MOZ(ゼロモズ)」です。

蚊が卵を産み、成長する水の中にゼロモズを投入すると、蚊の卵や幼虫、さなぎはホルモンバランスを崩し、成長を止める仕組みです。

この「ZERO-MOZ」は、人や動物、植物に対して極めて安全性が高く、蚊の発生を大幅に抑制します。蚊取り線香や殺虫剤のような成長した蚊の対策とは違い、『蚊を発生』させない商品です。錠剤を水の中に入れるだけ。使い方も簡単です。

マレーシアIMR(Institute for Medical Reserch Malaysia)による48週の効果試験では、蚊の発生が見られなかったという結果が報告されています。また、ガーナの野口英世研究所、タイでのテストでも同様の結果を出しています。そして、安全性における試験は、(財)日本食品分析センターにより、極めて安全性が高いという数値結果も出ています。

この『ZERO-MOZ』のお取り扱い企業も募集致します。

マンゴーの王様「セインタロンマンゴー」卸販売いたします

ミャンマーマンゴーの中でも1番の人気を誇る「セインタロンマンゴー」は、芳醇な香りと濃厚な甘さ、つるんとした舌触りが特徴の特別種マンゴーです。

ミャンマー国内で栽培された「セインタロンマンゴー」の輸出先は、主にシンガポール、中国、ロシアです。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーによりますと、近年では海外での需要が高まり、1日の輸出量が約10トンに達したということです。

そんな人気の新種「セインタロンマンゴー」を卸販売いたします。『日本ミャンマー未来会議』でご紹介するマンゴーは、日本の大手コンビニエンスストアにも卸した実績のある良品質なマンゴーです。

ご興味のある企業の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • 日本ミャンマー未来会議事務局(エムスタイルジャパン内)
  • TEL 092-406-4579 受付時間:午前9時~午後6時(平日のみ)
  • E-MAIL mail-info@teamimoto.jp
  • FAX 092-406-4565