日本ミャンマー未来会議

支援者様からのメッセージ

応援メッセージをいただき誠にありがとうございます。掲載させていただいたメッセージの他にも、たくさんのメッセージをいただきました。

全てをご紹介できず申し訳ありません。皆様の想いを胸に刻み、スタッフ一同これからも活動して参ります。本当にありがとうございました。

T・M様

虎の門ニュースを観て初めてご活動を知りました。今もなお異国の地で風雨に晒されながら戦い続けておられる方々がいるのですね。胸が詰まります。何としても日本で安らかに眠って頂きたいです。 ただ祈ることしか出来ませんがご活動を心より応援しております。 皆さまくれぐれもお体ご自愛ください。

A・F様

以前、仕事でインパール作戦に関する資料を翻訳する機会があり、色々調べていく中で僻地で援護もなく次々に亡くなっていかれた方々の事を知りました。その前から虎ノ門ニュースで井本さんが遺骨回収をされている事を知っていたので、何か私でもできる事があればと思っていた所、本日の虎ノ門ニュースで社団法人を立ち上げられたとの事を聞きましたので、微力ながら毎月の寄付で井本さんの活動を応援させて頂きたいと思います。

W・M様

がんばってください。 遠く福岡よりお見守りいたします。

M・Y様

はじめまして。 有本香さんの番組で拝見し、少しでもお手伝いができればと思い、少額ですが支援させていただきたいと思います。 1人でも多くの方が帰国できますように。 これからもよろしくお願い致します。

A・A様

大変お世話になっております。井本さんとの著書の印税が入りましたので、わずかではありますが寄付させていただきます。 本当は現地を取材して、皆様の取り組みを広く紹介したいのですが、残念ながらいまは叶いません。 コロナに加え、情勢が大変なミャンマーの調査隊はじめ皆様の、少しでもお役に立てれば幸いです。

T・T様

私には、先人達の辛い経験は想像できませんが、この寄付が少しでも先人達への感謝と供養に成ればと思います。

M・O様

ミャンマーではコロナ禍に加え政変が起きてしまい大変な状況下ですが、それでも日々ご活躍されている姿をFBで葉拝見しうれしいです。引き続き、頑張ってください。

R・O様

遺骨収集活動、ご苦労様でございます。心より感謝申し上げます。最近も、硫黄島で発見されたご遺骨がDNA鑑定の結果、遺族の元へ戻ったとのニュースに、嬉しさを感じておりました。寄付でしかご協力ができませんが、いつも心より応援しております。 最近、井本さんのご本を読ませていただきました。本文で、「覚悟とは 風に吹かれる 風車」との句を紹介され、後の句を誰かに詠んで欲しいものだ、と書かれておりました。 私もひとつ考えてみましたので、ご笑覧いただければ幸いです。「覚悟とは、風に吹かれる 風車 嵐の日にもからから回る」

T・O様

いつも応援させていただいております。 微力ですがお力になれればと思います、また日本でお話を伺える日を楽しみにしています。 くれぐれもご無理なさらず!益々のご活躍期待しております。

D・O様

井本様、スタッフの皆様。いつもご活動をありがとうございます。ミャンマー情勢に心を痛めております。現地の避難民の方々のためにお使い頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

M・A様

毎日お疲れ様でございます。 今般のミャンマーで緊急支援をされていると伺いました。 少額で大変申し訳ございませんが、お役立ていただければと存じます。 現場で活動に関わられている方々、事務局をお守りくださっている方々 皆様ご無事で頑張って下さいませ。 毎日お祈り申し上げます。

Y・F様

作業を魂を注いで一生懸命に探して下さっているミャンマーの皆様、井本様へ。50代にさしかかろうとした時に、日本兵の日本国土へ帰還して頂く為に遺骨調査されている事を虎の門ニュースで知り、涙が滝のごとく流れて、数日眠れない日が続きました。あらゆる戦前、戦中、戦後の日本人の生き様を、なんて自分は心に留める事なく軽視して年月を過ごしてきたのだろうと身震いさえしました。私は、自分の与えられた生きている時間の中で史実を知り得て本当に良かったです。毎年、僅かながらですが、私が尽きるまで、ずーっと支援致します。

N・T様

今ミャンマーに来ています。ネピドーの広大な道路が昔は激戦の地だった事などを知り、悲惨な歴史について少し知る事ができました。微力ながらもご先祖様の遺骨が1日でも早く日本に戻ってこれるように協力したいです。

I・S様

アジア開放の為に戦われた日本兵の、早期帰国を実現して頂きたい。

K・M様

「虎ノ門ニュース」で井本さんの活動を知りました。ちょうどビルマで戦病死した祖父の軍歴証明を取り寄せようとしていたところでした。入手した記録によると、祖父は昭和19年6月、イワジットでの戦闘時にマラリアに罹患し、翌月パウンデの兵站病院で死亡したとのことでした。図書館などでビルマ戦のことを調べ、多くの日本兵が壮絶な戦いで亡くなったと知りました。祖父の遺骨が帰国できているのかどうか知る由もありませんが、少しでも多くの日本兵のご遺骨が戻ることができるよう祈っております。

S・I様

テレビのニュース番組で、ミャンマー未来会議を知りました。私の祖父もビルマへ行きました。帰還したものの、戦友が死んでしまったのに自分が生きていることを悔やんでいたそうです。人前では泣かない人だったのですが、生前は毎晩1人で亡くなった戦友達の写真を見て泣きながら大量の飲酒をし、それが原因で膵炎になりドクターストップを受けるも、早く戦友(亡くなった)に会いたいと言い、お酒をやめず自ら死ぬ道を選びました。祖父は死ぬ前にビルマに行きたいと言っていましたが、果たすことなく亡くなりました。私の父は、その祖父の願いを叶えてあげることができなかったと後悔し、父は私にミャンマーに祖父の慰霊を持って行ってあげてくれ。と私に託しました。まだ、果たせていませんが、ミャンマー未来会議に寄付という形でも関わることで、祖父が喜んでくれるのではないかと思い寄付することを決めました。

T・S様

日本人が日本へ帰れない事実を知ったのは虎ノ門ニュースでした。微力ながら応援させていただきたいと思います。是非、45000柱の御英霊を日本へ御帰還させてください。

K・F様

ミャンマーの皆様の益々のご繁栄と、命に代えて、私共に生きるチャンスを与えて下さった英霊の御霊の一日も早いご帰国とご平安に向け、同国で奮闘される皆様に対し、僅かではございますが、ご支援申し上げたく存じます。

T・K様

本来であれば私も行って活動のお手伝いをしたいところですが、できないためお金のみの支援となってしまうことをさみしく思います。今後の活躍を願っております。また、活動に少しでも貢献できればと思います。

K・A様

虎ノ門ニュースで井本さんを知りました。私の祖母の兄は中国安徽省で戦死しました。あの戦争を生きた者の家族である、日本人皆にとって大切な活動をして下さり、感謝に堪えません。協力して下さっているミャンマーの皆様も、本当に有り難うございます。

T・I様

先の戦争にて亡くなった方の遺骨収集には、自己にて行う事はできません。せめて、移動費にでも当ててください。活動に、頭が下がります。

Y・F様

井本さんをはじめ、関わっている全ての皆様に心から感謝致します。

M・T様

チャンギンのセメント工場の立ち上げ試運転の手伝いをした者です、 その時以来気になっていた残留遺骨の収集の役に立てばと思い、些少ですが寄付させて頂きます。

T・N様

ネウイン政権時代から最近まで国内の移動の自由も非常に制限されていた地域での事業ごく微力ですが協力させてください今後ますますの御発展を衷心より祈念申し上げます。

T・M様

かねてより 日本兵士の遺骨収集を等閑にする事は 日本の未来は無い!と 思っていました。 一体でも多く 遺骨が戻って来る事を願っています。 雑誌”致知”に掲載されたとのこと、一社でも多くの企業が 立ち上がって下さることを祈ります。